太ももが太くなる原因は毎日の生活習慣にあります

毎日取り組めば綺麗な素足を目指すことができます

足が太いからとコンプレックスを抱いている人も多いでしょう。足が太ってしまうのには何かしら原因が隠されているものです。足を細くしたいからといって適当に運動や食事制限をしても上手く痩せることはできないでしょう。足が太くなった原因に合わせて最適なエクササイズや食事改善などをしていきましょう。

足が太くなる原因を知って対処

リンパの流れが滞ることで起こるむくみ

下半身は血液の循環が滞りやすいとされています。そのため足のむくみが発生しやすくなり、足痩せが難しくなるのです。むくみが出来ている状態は血流が滞っていると考えられるため、むくみ改善のためにも血流促進のマッサージをしましょう。

同時にセルライトも発生しやすくなる

血液循環が滞ることで、身体の中には老廃物が溜まってしまいます。老廃物が停滞することによって脂肪の塊であるセルライトができやすくなるのです。脂肪が溜まると時間の経過とともに更にセルライトは増えるでしょう。セルライトは早めの対策をすることが重要です。

筋肉が肥大化してしまう

学生の頃に運動をしていた人は足に多くの筋肉がつくでしょう。社会人になって全く運動をしなくなると足についた筋肉が脂肪になってしまうことがあります。そうなると筋肉によって足が太くなってしまうので、日常的に運動をしていた人で足の太さに悩む人は多いです。

姿勢が悪いことで起こる足の悩み

普段から姿勢が悪いとそれが骨盤の歪みにも大きく影響してしまいます。骨盤が開くとそこに脂肪がつきやすくなることから下半身太りになりやすいとされているのです。洋ナシ型のような体型になっている方は姿勢の悪さが原因で骨盤が歪んでいる可能性が高いです。

女性に多い冷え性の問題

筋肉量の少ない女性は冷え性になりやすいとされています。また女性特有の生理も代謝が悪くなって冷えの症状になりやすいため、それにより老廃物を上手く排出できず太ももがにセルライトが溜まって痩せにくくなります。

原因を把握してダイエット

メジャー

太ももを太らせてしまう生活習慣

太ももが太くて太ももを細くする方法を実践しているけどなかなか上手く痩せることができないという人も多いでしょう。太ももが太くなる原因は毎日の生活習慣が大きく関係しています。普段やっているがもしかしたら足に悪影響を与えている可能性があるので注意しましょう。

楽に座るためにひざを開く

椅子に座るとき、毎回ひざを開いてしまうと内ももにある内転筋が衰えてしまいます。内転筋の衰えは脂肪がつきやすくなってしまうため、長時間椅子に座って仕事をする人などは両足をくっつけて座るように意識をしておきましょう。

片足に重心を傾ける

立ったまま待機するとき片足に重心を向けている人はいませんか?体重が偏ってしまうため骨盤の歪みを引き起こしてしまう可能性があります。また骨盤付近に老廃物が溜まり、太ももが太りやすくなるのです。

足を組んだまま座った状態を続ける

足をクロスさせることによって足だけではなく骨盤もねじれてしまいます。そうなると骨盤や関節の歪みに繋がるので要注意です。また骨盤周りだけに限らず背骨が歪む可能性もあるので身体全体の歪みに陥ってしまう可能性があります。